ニュース

2015年02月06日
テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社

 

テクノスデータサイエンス・マーケティングのデータサイエンティストが
「 マーケティングオートメーションにおけるスコアの役割と重要性」について講演


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1月30日に開催された、テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社と株式会社セグメント共催の「今から始めるマーケティングオートメーション!」 において、「 マーケティングオートメーションにおけるスコアの役割と重要性」について講演しました。当日はマーケティング担当者や企業のデータ活用担当者を中心に様々な業種・業態の方に出席いただきました。

マーケティングオートメーションは、これまで、経験や勘に頼っていたマーケティング業務を効率よく行うことを目指した戦略システムです。その導入により、BtoB企業で重要な「見込み顧客を顧客にするまでに必要なコミュニケーション」や「情報収集レベルの企業を見込み顧客まで引き上げる コミュニケーション」の自動化が進められています。
当社は、マーケティング業務におけるスコアリングの役割と重要性について解説するとともに、人工知能でスコアリング業務を自動化する当社の 新製品『scorobo for Marketing Automation』 をご紹介いたしました。

本製品は、統計アルゴリズムを活用した人工知能製品『scorobo』ブランド第1弾として開発されたものであり、見込み顧客の一人ひとりの属性・行動といったデータから、高精度なスコアを自動的に算出いたします。
さらに、人工知能を搭載しているため、使えば使うほどスコアリング精度が自動的に向上していきます。
そのため、見込み顧客毎に最適なアプローチを行なうことが可能となり、営業担当者の活動効率化・成約率の向上が見込めます。
多くの経営者が、オムニチャネル戦略やOne to Oneマーケティング、デジタルマーケティングなどを、重要課題として位置づけておりますが、『scorobo for Marketing Automation 』は課題解決に重要な役割を担っていけるものと考えております。

講演終了後、参加企業からのご相談や 個別訪問のご依頼など、お客様のニーズ・課題解決にお役立ちできる確かな手ごたえを得られる結果となりました。
今後『scorobo』ブランドは、研究開発を通じて、業界・業務別へとサービスの幅を広げ、企業の発展に貢献してまいります。

【セミナー資料より抜粋】
  【セミナー講演の様子】
  




 

close

Copyright © Tecnos Japan Inc. All Rights Reserved.