1. HOME
  2. 新着情報
  3. テクノスジャパン、製造業向け1日限りの“リアル”スペシャルイベント 「BE:YOND 2023」に出展

NEWS

新着情報

PRESS

テクノスジャパン、製造業向け1日限りの“リアル”スペシャルイベント 「BE:YOND 2023」に出展

DXでつながる社会の未来を切り拓く株式会社テクノスジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉岡隆、以下「テクノスジャパン」、証券コード3666)は、2023年2月16日(木)にグランドプリンスホテル新高輪にて開催される「BE:YOND 2023」に出展いたします。


「BE:YOND 2023」は、製造業におけるデータの資産化と事業のデジタル化について、業務の最適化・効率化・生産性向上の先にある、ITの新しい価値を提供する1日限りのスペシャルイベントです。22の独自企画講演と総勢24社35種類の製造業向けソリューションが集結しており、セッションだけでなく、IT・DXツールの見本市として充実した展示もご用意しております。
本イベントにおいて、テクノスジャパンは『DX時代のERPの在り方について』というタイトルで講演を行い、これからのERPのあるべき姿についてお伝えします。また展示スペースにおいては、企業内管理のみでなく、サプライチェーンを見据えたDXソリューションとして、テクノスジャパン独自サービスの取引情報共有プラットフォームCBP(Connected Business Platform)についてご紹介いたします。

■「BE:YOND 2023」開催概要
名称   :「BE:YOND 2023」
開催日時:2023年2月16日(木)13:00~17:30
会場   :グランドプリンスホテル新高輪 飛天の間(東京都港区高輪3丁目13−1)
入場料  :無料(事前登録制)
対象   :製造業のお客様
公式サイト:https://forum.b-en-g.co.jp/beyond2023/

■テクノスジャパン 講演概要
時間   :2023年2月16日(木)14:30~15:10
テーマ   :「DX時代のERPの在り方」
講演者  :株式会社テクノスジャパン セールス本部 本部長 川井聖一
講演内容:
・DXレポート発表の世の中の流れ
・ERP市場の動向と最近のトピックス
・企業におけるデジタル領域の分類の変化
・ERP導入手法の変化、変わりつつある導入方法
・次世代ERPにおける3つの常識

■CBP(Connected Business Platform)について
各企業が持つシステム同士が連携し、企業間データを齟齬無く、柔軟かつリアルタイムに活用できる、バリューチェーン最適化の基盤となる企業間データ連携プラットフォームです。データを溜める、活かす企業間取引基盤と、データをつなぐデータ連携基盤の2つのコア基盤で構成されており、データ活用によるコミュニケーションを図り、バリューチェーン全体での生産性向上を実現します。
URL:https://www.tecnos.co.jp/lp/cbp/

〈会社概要〉
株式会社テクノスジャパン
1994年に創業し、ERPビジネスを中心に事業を拡大。2018年、20年のM&Aにより、もう一つの柱としてCRMビジネスを確立。取り扱いソリューションはERPのグローバルスタンダードであるSAPCRMのグローバルスタンダードであるSalesforceが中心で、現在はこれらに加えてテクノスジャパン独自のDX協調プラットフォーム「CBP」上にクラウドサービスを展開。「企業・人・データをつなぎ社会の発展に貢献する」をグループミッションに掲げ、企業向けの経営・業務領域のデジタルトランスフォーメーションを推進するサービスを提供しています。

所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー14
代表取締役:吉岡 隆
設立:1994427
資本金:56,252万円
HP:https://www.tecnos.co.jp

■本件に関する報道関係者からの問い合わせ先
テクノスジャパンPR事務局(アンティル内)林・川井田
Tel:03-5572-7375  Mail:tecnos@vectorinc.co.jp

株式会社テクノスジャパン 経営戦略室 亀井・山本
Tel:03-3374-1212  Mail:info@tecnos.co.jp

最新記事