Oracle EPM

特 長

OracleEPMは米Oracleの予算管理を中心としたEPM(Enterprise Performance Management)ソリューションです。旧Hyperion時代から進化を続け、どのERPとも連携可能な小回りの利く高機能な予算管理機能は、これまでのようにエクセルでの予実集計に時間をかけるのではなく、リアルタイムのデータから次のアクションを考えることに時間を使いたいと考える全ての企業にお勧めです。

主な機能

主な機能分類(※代表的な基本機能のみ表示)

導入形態

  • Cloud(SaaS)

Oracle EPMでできること

  • 予算計画立案と予実管理
  • 連結会計処理と税務報告
  • 管理レポート自動生成

テクノスの強み

  • 旧Oracle Hyperionの時代から長年の導入実績
  • 深い製品知識と多数の導入経験を持つ専任部隊による手厚い導入サポート

このような
企業に最適

  • 単なるBIレポート集計ではなく予算管理や多面的な深堀り分析が必要な企業
  • 予算策定と予実管理をERPと連動させてしっかり管理したい企業
  • 予実管理がシステム化されておらず、週次/月次の各種経営指標の集計に多くの人員/時間を割いている企業

メーカー紹介

1977年創業創業。米国に本社を置く世界第2位のソフトウェア会社。創業時から主軸となるデータベース管理システムを中心としたソフトウェア開発に加え、データベース開発ツール、ERP、CRM等の製品を開発している。
弊社テクノスジャパンはORACLE社が提供する様々なクラウドアプリケーションの中でも当社はOracle EPM(旧PBCS)に注力し、その活用を通じて企業における経営判断の早期化に貢献します。

関連サービス

ご検討中のお客様はこちら

03-3374-1212

受付 9:00~17:00
土・日・祝日を除く